もらってびっくりした電報

もらってびっくりした電報

39才、男性のエッセイ : 結婚式の時に届いた電報は

もらってびっくりした電報
結婚式の時に届いた電報は、大きなクマのぬいぐるみが手紙を持っているものでした。

その電報の送り主は、結婚相手の親戚の方でした。
小さい頃からとても可愛がってくれていた人で、可愛い姪の結婚式にはどうしても出席したかったけれど、残念ながら当時は闘病中で医者からの許可が下りず、欠席となっていたそうです。
その方の代わりとして、代理人のクマがその方の席に座って、結婚式に参加して見届けてくれました。

結婚式の最中に電報を読み上げた時、その大きなクマが持っていたメッセージがとても素晴らしいものでした。
それを聞いた彼女は、メイクが崩れるのもかまわず、大きなクマを抱きしめて号泣。そのままお色直しになりました。

電報というと、ちょっと古臭いイメージがありましたが、結婚式に届いた大きなクマのぬいぐるみつき電報のように、新しいスタイルの電報がどんどん登場しているようです。
心のこもったメッセージと、素敵なギフトがセットになった電報は、より貰い手の心に響く素晴らしいプレゼントになると思います。
今もあの大きなクマは我が家にいて、見守ってくれています。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017もらってびっくりした電報.All rights reserved.