もらってびっくりした電報

もらってびっくりした電報

31才、男性のエッセイ : 結婚式を挙げたのは、今から5年前、27歳でした

もらってびっくりした電報
結婚式を挙げたのは、今から5年前、27歳でした。
結婚式の準備はとても楽しかったし、結婚への期待も希望もありましたが、日に日に不安も大きくなっていったのも事実でした。
今思えば、きっとマリッジブルーだったのだと思います。そんなモヤモヤとした気持ちを少しだけ抱えて、迎えた結婚式当日。式には招待できなかった友人たちから、電報が届いていました。
よくあるありきたりの電報ではなく、10人が可愛らしい色紙に寄せ書きをしてくれたものでした。

そこに書かれていたのは、どれも私と主人の幸せを心から願い、祝ってくれる嬉しい言葉でした。
中には、以前私に対して、早い結婚への否定的な意見を述べた友人の名前もありましたが、勿論そんな否定的なことは書かれておらず、とにかく幸せになってほしいと書かれていて、涙が止まりませんでした。
ずっと心の中にあったモヤモヤとした不安が、この電報のお陰で吹っ飛んでしまいました。

Copyright (C)2017もらってびっくりした電報.All rights reserved.